年末年始休業のご案内 - 新着情報

2017年12月29日(金)午後~2018年1月4日(木)休診となります。

12月29日(金)は午前のみ診療、1月5日(金)より通常診療となります。

よろしくお願いいたします。

11月4日(土)の外来やります。 - 新着情報

11月4日(土)私は学会で大阪に行っていますが、猪原先生が代診します。

宜しくお願い致します。

理事長 宮地清光

 

11月4日と5日上記の学会が大阪で開催されます。私は4日3つの口演発表があり、4日(土)慶宮医院の外来を 休ませていただきます。ご迷惑をおかけします。 講演内容は①閉経後関節症と早期関節リウマチ鑑別のための予備基準作成,②ホルモン補充療法(HRT)で関節リウマチの発症を防ぐ -2007~2016症例検討から- ③更年期女性の抗DFS70抗体の臨床的意義です。 この内容については本院の紅葉の会(11月25日開催)触れたいと思います。

理事長 宮地清光

 

昨日は午後より参加しましたが、小児シェーグレン症候群の症例は数は多くはありませんがまちがいなく存在しています。外国では他の膠原病の前段階で、いずれはSLEなどになるといわれているそうですが、そんなことはありません。 成人と同じように小児もHLADRB1の遺伝子のなかに感受性遺伝子の存在(*0802,*0803,*1201,*1502)のうえで、感染がヒットすると、隠れシェーグレン症候群が出来上がります。おおくは抗核抗体が出現すると思いますが、10歳前後で、エストロゲンの上昇、下降が繰り返され、この揺らぎの中で(特に下降)のなかで人のマクロファージの活性化がシェーグレン症候群を引き起こすと考えられます。このときは抗SS-A抗体は出現し、自覚的に口渇、目の渇きなども出現する可能性があります。10数年後妊娠、分娩後、新たな病態が付加される可能性がありますが、その前に別の感染がなければ、SLE,MCTDなどへの移行、あるいは合併はありません。さらにその後は更年期のころが、病態の変化が起こる可能性があります。女性は男性にひし、10数倍かかりやすいのです。

小児のシェーグレン症候群の発症研究は膠原病全体の発症のモデルになると思います。

理事長記

 

紅葉の会 2017.11.25 - 新着情報

上記の会”40歳代からの健康を保つために”を開催しますのでぜひ参加ください。

期日:2017年11月25日

場所:鶴見公会堂 京浜東北線京浜鶴見下車西口(総持寺方面)徒歩1分西友デパート7階会議室(1.2) 6階までエレベーター、あとは階段

時間:11月25日(土)午後2時から(1時半入場可) 4時半終了予定

講演内容:2時~2時40分、更年期になやむ患者さんの講演3題

      2時40分~3時半、40歳代から始まる関節痛、関節炎、更年期の関節痛は早期関節リウマチ、膠原病と診断されやすい 

      3時半~4時 質問、疑問、なんでもお答えします。

費用:無料、だれでも参加できます。

医療法人社団慶進会 理事長 宮地清光

この年代で、この症状が現れたなら、まずは更年期の関節症を最初に思ってください。 リウマチ反応陽性、もしくは抗CCP抗体が陽性であればリウマチに進展する可能性が非常に高いですが、 関節の腫脹、CRPの上昇がなければ、いそいで関節エコーを受けて、炎症の証拠である滑膜の肥厚、毛細血管の増殖を確認することが 大事です。もし炎症が確認されなければ、閉経に至っている方はホルオン補充療法(HRT)が第1選択なります。もし月経が規則的にある 40歳代であれば、超低用量ピルがお勧めです。この2種類の薬剤で、関節リウマチ発生は70%抑えることが可能です。 海外論文の発表がで始めています。 関節リウマチと診断され、MTXさらには生物学的製剤を受けてもよくなっていない方は、更年期の関節症状の可能性が非常に高いです。 主治医と相談してみてください。 慶宮医院理事長 宮地清光

8月夏期休診のご案内 - 新着情報

8月6日(日)~8月13日(日)は休診となります。

8月5日(土)、及びお盆は通常診療を行っております。

第61回日本リウマチ学会に参加して - 新着情報

4月20日から22日(木~土) 福岡で上記の学会が開催されました。 本院からは、2つの口演 ①閉経後の関節症状に対するホルモン補充療法の有効性、②更年期関節症状に出現する抗DFS70抗体の臨床的意義、3つめはポスターでしたが、③閉経周辺期患者さんへのTocopherol Nの有効性について報告しました。日本全国にこの考え方と治療が普及すれば、多くの方が救われると思います。残念ながらまだ知られておりません。 この期間中お休みさせていただき、患者さんにはご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。 理事長 宮地清光

本年6月24日(土)午後2時より、本院2階の会議室で上記の座談会を開催します。当院でホルモン補充療法を開始された方を中心に疑問、心配事、なんでもご相談ください。20名くらいしか入れませんので、是非の方は電話予約してください。連絡先:045-501-5361

約1時間の講演の後自己紹介しランドテーブルデイスカッションをしましょう。4時ころに終了予定です。

参加費 無料です。

理事長 宮地清光

 

2017年5月19日(金)は日本糖尿病学会のため、午前9時~12時猪原医師、午後13時30分~15時宮地医師の診察となります。15時受付終了となります。

ブログ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja